奇妙なサーカス Strange Circusの無料映画をフル動画で視聴できる配信サービス

\『奇妙なサーカス Strange Circus』を見るなら/

U-NEXTで31日間無料見放題!

公式: https://video.unext.jp/

ある女が歩む罪深い軌跡を美しく哀しく描く、残酷なファンタジー

公開日 2005年12月24日
キャスト 監督 園子温
出演 : 宮崎ますみ, いしだ壱成, 桑名里瑛, 高橋真唯, 不二子
配給 セディックインターナショナル
製作国 2005(日本)
上映時間 108分

映画『奇妙なサーカス Strange Circus』のフル動画を無料で視聴できるの?

映画『奇妙なサーカス Strange Circus』の動画を無料視聴できる配信サービスがないか調べました。

配信サイト 配信状況 無料期間
U-NEXT 31日間
hulu 2週間
dTV 30日間
Paravi 2週間
Amazonプライムビデオ 30日間
Abema TV 2週間
music.jp 30日間
ネットフリックス

映画『奇妙なサーカス Strange Circus』をDailymotion、Pandoraで見られるの?

Dailymotion(デイリーモーション)やPandora(パンドラ)、YouTube、9tsu、無料視聴ホームシアターなどのサイトでは、無料視聴できないのでしょうか?調査したところ、これらのサイトでは配信されていませんでした。

また、これら海外サイトの映画の中には、違法にアップロードされた動画の場合もあります。海外サイトを利用する場合にはリスクもあるため、安く見たい場合は有料配信サービスの無料トライアルを利用するのがオススメですよ。

注意
  • ウイルス感染
  • パスワード流出の危険
  • 盗撮される
  • 低画質、高遅延
  • 悪質な広告ばかり

違法ダウンロードの罰則は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金となっています。

映画『奇妙なサーカス Strange Circus』のあらすじ&みどころ

ストーリー・あらすじを紹介

実の父親・尾沢剛三(大口広司)に犯される小学生の美津子(桑名里瑛)。幼い美津子はそれを忌むべき近親相姦とは知らず、ただ心がズタズタにされていく毎日だった。ある日、美津子を抱く剛三の姿を、母親の小百合(宮崎ますみ)が発見してしまう。激しく泣き崩れる小百合。それでも母と娘を交互に抱く剛三。小百合は次第に美津子を女として嫉妬し始め、愛する剛三を奪われまいと今まで以上に激しいセックスに耽り、美津子は剛三に抱かれている間、そんな母を自分の心の中に宿すようになる。やがて、剛三のいない間、小百合は美津子を虐待するようになる。そんなある日、二人が言い争う最中に、美津子は小百合を思いあまって階段から突き落としてしまう。そして、小百合の死と引き換えに、美津子の心に女としての小百合が宿る…。それから数十年後。変態的なエロスの世界を描く車椅子の人気女流作家・三ッ沢妙子(宮崎ますみ・二役)は、自叙伝かと思わせる小説を執筆していた。その小説の執筆中、妙子の担当編集者が代わることになる。無口だが、何でも言うことを聞くその新しい担当・田宮雄二(いしだ壱成)を、いたく気に入る妙子。どこか影のある雄二はまるでロボットの様に、従順に妙子に従うのだった。ある日、雄二は妙子に質問する。「これ先生の自叙伝ですか?」。即座に否定する妙子。しかし、妙子自身も小説を執筆していく間に、自分が何者で、ここが小説の架空の世界ではないかとすら思い始める。一方雄二は、編集長(田口トモロヲ)から直々に、プライベートが全く謎である妙子の素性を調査するよう命じられる。妙子の私生活を暴こうとする雄二は、妙子が実は歩けること、そして妙子の家の瀟洒な邸宅には、誰も入れない秘密の部屋があることを知る。

みどころを解説

監督は「自殺サークル」「夢の中へ」の園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。共演に「インディアン・サマー」のいしだ壱成。。実の父に抱かれる小学生の美津子と、彼女に嫉妬する母・純ヵS合。歪んだ3人の関係は次第にエスカレートしていく。R-18作品。

映画「奇妙なサーカス Strange Circus」と一緒に見たいオススメ関連作品

映画「奇妙なサーカス Strange Circus」が気になるあなたにおすすめの関連作品をご紹介します。

作品名・タイトル
宮崎萬純
いしだ壱成 それ ~それがやって来たら…
ROKUROKU
縁~The Bride of Izumo
朝日のあたる家
サムライダッシュ
鎧 サムライゾンビ
NIGHT☆KING
HEY JAPANESE!Do you believe PEACE,LOVE and UNDERSTANDING?
泪壺
キャプテントキオ
桑名里瑛

このページのトップに戻る