鬼門街カルマの休載理由はなぜ?作者・永田晃一は現在(2021)何してる?

永田晃一先生が描く鬼門街KARMA(カルマ)が最近ヤングキングに掲載されていないと、ファンを心配させています。

鬼門街カルマを楽しみにしている作品のファンは早く続きが読みたいですよね!

そこで今回は鬼門街カルマがなぜ休載しているのかを、現状を踏まえて解説をしていきます。

鬼門街KARMA(カルマ)がヤングキングに掲載されていない

現在(2021年11月時点)で、鬼門街カルマがヤングキングに掲載されていません。

Twitterでも、次のように早く鬼門街カルマの連載再開を望む声がありました。

調べてみると鬼門街カルマは、6月14日発売の2021年13号掲載 を最後に連載がストップ(休載)していました。

また、作者の永田先生はヤングキングBullにて、「児童養護施設で育った俺がマンガ家になるまでの(おおよそ)8760日」を連載されていますが、こちらも6月4日発売の2021年7月号から休載中となっています。

ヤングキングの出版会社である少年画報社や、永田先生本人のTwitterからも休載情報は出されていない、というのが現状です。

次は永田先生のこれまでの漫画家としての歩みを踏まえて、休載理由について考えていきます。

鬼門街KARMA(カルマ)の休載理由はなぜか

永田先生のこれまでの活動を踏まえると、鬼門街ガルマが休載理由は、作者の永田先生が充電期間中であることが考えられます。

永田先生は2004年に「Hey!リキ」でデビューをされており、同作品の連載は2015年まで続いています。

さらに「Hey!リキ」の連載終了後も永田先生は休む間もなく鬼門街(鬼門街カルマの前作)の連載をスタートされています。

つまり、永田先生はデビューからほぼ漫画を描き続けており、肉体的にもかなり辛い状況だったことが想像できます。

永田先生がデビューから描き続けてきた漫画の量は膨大で、ダンボールにするとなんと14箱分の原稿になるそうです!

しかし永田先生は漫画を書くことを嫌いになったわけではないようです。

というのもファンの心配するツイートに、永田先生は次のように返信をしています。

この返信からも永田先生はそれほど長くは休むつもりはないことがうかがえます。

なので鬼門街カルマの連載再開を楽しみに待っていましょう!

次は現在鬼門街カルマを始めとした連載中の漫画を休載している永田先生は何をしているのかを調べましたので、紹介をしていきます。

鬼門街KARMA(カルマ)の作者・永田晃一は現在(2021)何してる?

永田先生のTwitterを拝見すると、現在(2021年11月時点)はかなり楽しんで生活をされていることがうかがえます。

6月はラジオ番組に出演されたり、

7月はYou Tubeチャンネルにゲスト出演をされたりしていました。

その他には、好きなアーティストのライブに参加したり、

お子さんとの楽しそうな日常もTwitterに投稿をされていました。

このように永田先生は、鬼門街カルマが最後に掲載された6月以降は漫画を描くことから、少し距離を置いた生活を楽しんでいたことがTwitterから想像することができます。

少なくとも永田先生が病気などで漫画を描けない、といった状況ではないことは確実です。

ぜひ連載再開を心待ちにしていましょう!

まとめ 鬼門街KARMA(カルマ)の休載理由は永田先生の充電か

今回はヤングキングで連載中の鬼門街カルマの、休載理由はなぜかについて解説をしてきました。

永田先生がデビューから漫画を描き続けていたことや、充実したTwitterを拝見すると

永田先生は漫画を描くことから距離をとり、充電期間中である

ということが考えられます。

漫画家は体が資本ですので、永田先生にはしっかりと充電して頂きたいですよね。

そしてヤングキングで鬼門街KARMAを再開させてファンを喜ばせてくれる日を、心待ちにしていましょう!